プロフィール

不動産ブローカー

Author:不動産ブローカー
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


転職


Trend Match


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2ブログランキング


いらっしゃいませ


ブロとも申請フォーム


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の住宅って

おれは古い家に住んでいる。
築40年の木造のため、ボロボロだ。
ただ安いから住んでいるだけなのだが。

「自分の年齢より古い家に住んでいるんですね。」
と先日、ある人に言われた。
言われて気づいたが、日本では住宅の年齢は人間より若いことが普通のようだ。
確かに、住宅購入のモジベーションは子供の成長が大きい。だから、住宅の年齢の方が若いことが普通のようだ。

しかし、考えてみると少し変な気もする。人間の40才はバリバリの現役なのだ。家だって、まだまだ使えていいはずだ。
こんなことならおばあちゃんの家で生まれて、そこで生まれた子供が一緒に育つことは稀なのだ。まあ、実際それが普通であるが。


日本の住宅の寿命は、諸外国に比べ短いようだ。
平均寿命は30年程度といわれている。
これでは、住宅ローンを返済し終えたら、家がなくなってしまうし、
核家族化するのも当然である。

不動産ブログ RSS・ATOM ナビ! - 不動産ブログやサイトのRSS ATOM が集まってます

なぜ、日本の住宅は寿命が短いのか?
理由の一つは、以前にも書いたが、マンションの給配水管の寿命だ。
マンションの住戸内に給配水管が通っているため、修繕が容易ではない。
別の理由としては、ディベロッパーあるいは国が住宅を造りたがるからであろう。

住宅建設は、公共事業に次ぐ景気浮揚策といわれている。
住宅を造ることで、不動産業者、建設業者、金融機関等が潤い、さらに住宅購入者による、家具や電化製品の購買需要が喚起される。
だから、国は住宅を造らせたがるのだ。
公共事業の批判をかわすために、住宅建設に重点しているようにも思われる。
実際、税制に関しても新築住宅購入者の方が優遇されている。

一方でディベロッパーの方もその存在意義からして、造り続けるしかないのだ。彼らは、造って売らないと仕事にならない。
だから、まだまだ使えるような家も平気で取り壊し、そこに新築するのだ。
例えば、密集した低層住宅を一つにまとめて高層化する。なんて場合であれば大義もある。
しかし、普通に使える築20年程度の建物を平気で取り壊すこともあるのだ。単なるスクラップアンドビルドである。

住宅や建築物は本来社会資本となるべきもので、大事に何十年も保存するべきものだと思う。
しかし、この国では建替えることが是とされている。

東京では、いつでもどこでも、タワークレーンが普通に見える。
いつもどこかで、ビルが建替えられているのだ。
移りゆく街もいいが、変わらない伝統的な街もいいと思う。
地価が再高騰している昨今、住宅事業を考える時にきていると思うのだが。

とはいえ、おれの仕事はそのようなディベロッパーがいることで成り立っているのだ。

banner_03.gif






スポンサーサイト

コメント

合気道

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ramones743.blog94.fc2.com/tb.php/32-17f655ac

建築物が気になったぞ

天井クレーンの5トン程度以下のものは、ペンダントスイッチか無線装置で運転する。スイッチには、上下東西南北のボタンがありこの組み合わせで荷を移動させる。大型のものでは運転台があり、運転士がそこから操作することが多い。電車の運転台のように、上下、走行、横行の

タワークレーンタワークレーン (''Tower Crane'') は、建築現場に仮設されるクレーン。建築物の中央部分をくりぬいて仮設するものと、建築物の外部に仮設するものがある。建築物が高くなるにつれて、上って行くものは「クライミングクレーン」とも呼ばれる。建築資材の揚重

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。