プロフィール

不動産ブローカー

Author:不動産ブローカー
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


転職


Trend Match


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2ブログランキング


いらっしゃいませ


ブロとも申請フォーム


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

街道をゆく 靖国通り(神保町~九段下)

以前、神保町が好きだと書いたが、それと同じくらい神保町~九段下までの靖国通りが好きである。

banner_03.gif


この区間の靖国通りを歩くととっても楽しい。
神保町には古書店に代表される古くて趣のある建物が立ち並んでいる。
その一方で、1本中に入ると三井不動産の再開発ビルがある。まるで、変わらない街と変わりゆく街が共存しているようだ。
白山通りを越えると、古書店は姿を消し普通の街になるが、地上げ途中と思われる古い家屋が立ち並んでいる一角もある。

続いて、首都高をくぐると九段下だ。
九段下の交差点を越えると、なんだか厳かな雰囲気を感じるのだ。
九段下には、日本人にとって大切なものが詰まっているといっても言い過ぎではないだろう。
(例えば、靖国神社、千鳥ヶ淵と武道館、そしてセーラー服の女子高生)
要は、宗教的でありアカデミックなのだ。
牛ヶ淵、千鳥ヶ淵の水面と石垣と木々のコントラストは、威厳に満ちており、また、そこにある大山巌の銅像がまた泣かせるのだ。

武道館は、東京近郊で生活していると何かとお世話になるだろう。
おれの大学は、入学式を武道館でやった。また、プロレスやコンサート等レクレーション施設としても欠かせない存在である。

そして、武道館を超えるとついに靖国神社だ。
靖国神社ほど、日本人に必要な施設はないだろう。
春の桜はまさに絶景である。
おれは、寺はそれほど好きではないが、神社は大好きだ。
神社の周りには必ず森林がある。
昔から鎮守の森というのがある。森林が人々を守ってくれるという理由で神社の周りには森林があるのだ。
すなわち、日本人は昔から自然と共存していたのだ。


このように、靖国通りには日本の色んな一面が見れるのだ。東京を凝縮したような、この区間がおれは好きだ。

不動産ブログ RSS・ATOM ナビ! - 不動産ブログやサイトのRSS ATOM が集まってます


スポンサーサイト

おれの好きな街【神田神保町】

もし、どこでも好きな街に住めるとしたら、おれの第一候補は神保町である。

不動産ブログ RSS・ATOM ナビ! - 不動産ブログやサイトのRSS ATOM が集まってます

好きなわりには最近あまり訪れていなく、先日久しぶりに行ってきた。
やっぱり、この街はどこか落ち着くのだ。
北には御茶ノ水、水道橋、南には大手町、竹橋がありその中間点のためか、学生街とオフィス街が混在しているような雰囲気がある。
おれは、大学時代を御茶ノ水ですごしたので神保町には何かとよく行ったものだ。

月並みの表現だが、この街には趣がある。
アクセスがよく、飲食店や雰囲気のいい喫茶店、書店がたくさんある。

神保町といえば、代名詞的なのが古書店街だ。
よく神田の古書店街というが、古書店街は神田駅周辺ではなく、神田神保町のことだ。
古書店は、靖国通りの南側にしかない。すなわち、みんな北向きなのだ。
聞いた話によると、本が日焼けしないようにするため、店舗は北向きになっているようだ。

人気blogランキングへ

地名あれこれ

先日、知人がおれの家に来た。
おれは、人を家に呼ぶことは少ないのだが、たまにはいいものだ。

家に呼ぶことよりも、街を案内することが楽しい。
人と一緒に歩いていると、普段気づかない風景に気づくこともある。

不動産blog色々

ところで、地名とその範囲というのはかなり曖昧だということに気づいた。

例えば新宿といえば、東口方面なら新宿駅~新宿三丁目周辺、高島屋の方と歌舞伎町と西新宿一帯のことだろう。
御茶ノ水なら、JRの駅から靖国通りの範囲だろうか。ちなみに御茶ノ水とい地名はないが。

一方、おれが住む街は、範囲の特定がしにくい。
駅も地名ではなく、近くにある寺の名前である。

地名を考えるのも、なかなか面白いものだ。
いずれ、地名とその範囲をまとめてみたい。

不動産ブログ RSS・ATOM ナビ! - 不動産ブログやサイトのRSS ATOM が集まってます

おれの好きな街【日本橋】

久しぶりに、土曜の午前中に起きる事ができた。

おれは土日休みだが、平日の激務のため、土曜は1日中眠って過ごし、
日曜日に外出するという、行動パターンがここ数ヶ月続いていた。

今日はたまたま、用事があったので早く起きなくてはならなかったのだ。
おれは、人に会いに日本橋に行ってきた。
日本橋には仕事でしばしば行くが、プライベートで行くのは久しぶりだ。

おれは、以前から日本橋が好きだ。東西線沿線に住んでいたことも影響するのだが。
昔から、金持ちは日本橋のデパートに行き、庶民は新宿のデパートに行くと言われている。
それから、日本橋は建築物に味がある。
室町の日本橋タワー、三越、高島屋、日本銀行等荘厳な建物が多い。さらに日本橋もある。
日本も諸外国のように、歴史的建築物を大事にするべきだと思う。
しかし、そんなことになったら、我々のビジネスチャンスは減ってしまうのでそれも困るが。

日本橋は数年前まで、凋落しているといわれていたが、コレド、日本橋タワーの竣工で息を吹き返しているようだ。
三菱地所の丸の内、森ビルの六本木に対抗して、三井不動産が日本橋再生に力を入れている。
日本橋は、地権者の権利が複雑なイメージがあり、丸の内のように再開発は容易ではなかろう。だからこそ、ディベロッパーはやりがいがあるのだが。

日本橋には頑張って欲しいが、あまり頑張りすぎないでもらいたい。
今のような、少し寂びれ加減が好きなのだ。

人気不動産blogランキングへ

不動産ブログ RSS・ATOM ナビ! - 不動産ブログやサイトのRSS ATOM が集まってます

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。