プロフィール

不動産ブローカー

Author:不動産ブローカー
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


転職


Trend Match


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2ブログランキング


いらっしゃいませ


ブロとも申請フォーム


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の住宅って

おれは古い家に住んでいる。
築40年の木造のため、ボロボロだ。
ただ安いから住んでいるだけなのだが。

「自分の年齢より古い家に住んでいるんですね。」
と先日、ある人に言われた。
言われて気づいたが、日本では住宅の年齢は人間より若いことが普通のようだ。
確かに、住宅購入のモジベーションは子供の成長が大きい。だから、住宅の年齢の方が若いことが普通のようだ。

しかし、考えてみると少し変な気もする。人間の40才はバリバリの現役なのだ。家だって、まだまだ使えていいはずだ。
こんなことならおばあちゃんの家で生まれて、そこで生まれた子供が一緒に育つことは稀なのだ。まあ、実際それが普通であるが。


日本の住宅の寿命は、諸外国に比べ短いようだ。
平均寿命は30年程度といわれている。
これでは、住宅ローンを返済し終えたら、家がなくなってしまうし、
核家族化するのも当然である。

不動産ブログ RSS・ATOM ナビ! - 不動産ブログやサイトのRSS ATOM が集まってます

なぜ、日本の住宅は寿命が短いのか?
理由の一つは、以前にも書いたが、マンションの給配水管の寿命だ。
マンションの住戸内に給配水管が通っているため、修繕が容易ではない。
別の理由としては、ディベロッパーあるいは国が住宅を造りたがるからであろう。

住宅建設は、公共事業に次ぐ景気浮揚策といわれている。
住宅を造ることで、不動産業者、建設業者、金融機関等が潤い、さらに住宅購入者による、家具や電化製品の購買需要が喚起される。
だから、国は住宅を造らせたがるのだ。
公共事業の批判をかわすために、住宅建設に重点しているようにも思われる。
実際、税制に関しても新築住宅購入者の方が優遇されている。

一方でディベロッパーの方もその存在意義からして、造り続けるしかないのだ。彼らは、造って売らないと仕事にならない。
だから、まだまだ使えるような家も平気で取り壊し、そこに新築するのだ。
例えば、密集した低層住宅を一つにまとめて高層化する。なんて場合であれば大義もある。
しかし、普通に使える築20年程度の建物を平気で取り壊すこともあるのだ。単なるスクラップアンドビルドである。

住宅や建築物は本来社会資本となるべきもので、大事に何十年も保存するべきものだと思う。
しかし、この国では建替えることが是とされている。

東京では、いつでもどこでも、タワークレーンが普通に見える。
いつもどこかで、ビルが建替えられているのだ。
移りゆく街もいいが、変わらない伝統的な街もいいと思う。
地価が再高騰している昨今、住宅事業を考える時にきていると思うのだが。

とはいえ、おれの仕事はそのようなディベロッパーがいることで成り立っているのだ。

banner_03.gif






スポンサーサイト

おれの街

おれは、都心に住んでいる。しかも高級住宅街と呼ばれる場所だ。
近所には、元首相の屋敷がある。
緑は豊かで、星が見える。

坪当りの価格は300万円はするだろう。一種価格(坪単価/容積率)では、200万円近くすると思われる。
おれの家は、道路付けが悪いが、それでも坪200万円後半はする場所だ。


地下鉄の駅までは、徒歩で7分ほど。山手線の駅は、徒歩20分程度で2つの駅に行ける。


ところが、住環境の方は、あまり良くない。
まず、飲食店が少ない。スーパーも少ない。
クリーニング屋は高い。なぜか、銭湯がたくさんある。

しかも、街が高齢化している。夜間人口が少ない。
夜の帰り道は、一緒に歩いている人間がほとんどいない。
正直、帰り道はさみしい気持ちになることもある。


おれは、交通の利便性のみを追及して、この街に住み着いた。
しかし、独り者のおれには、日々の生活で不便な点が多のだ。

交通の利便性と日常生活の利便性を両立させるには、
都心よりも、都心周辺区の方が優れているだろう。

おれの家

この前も書いたが、おれは戸建に住んでいる。

しかし、これが非常に住みにくい家なのだ。

なにしろ築年数が古く、家の中がとっても寒い。
すきま風が入りまくり、この時期は、本当に底冷えする。
冬の晴れた日は、外の方があったかいくらいだ。

しかも、家の前に大きな木があり、秋から冬にかけては、
葉っぱが落ちてくる。もちろん、それを掃除するのはおれだ。
冬の夜の掃き掃除ほど、過酷なものはない。

こんな家だが、いい所もたくさんある。
まず、広い。
広すぎて、部屋があまるくらいだ。
広いということは、キッチンも当然広い。
普通の家庭用キッチンだが、ワンルーム暮らしが長かった、おれには最高だ。

そして、一番いい所は家賃が安いことだ。
周辺の新築ワンルームよりもずっと安い。

よく、家賃より住宅ローンの支払いの方が安いというが、
土地相場を考えると、買ったほうが全然高い。

ローンより安い貴重な賃貸住宅なのだ。







マンションvs戸建

マンションvs戸建
ベタなテーマであるが、どっちがいいのだろう?
おれ自身もわからないでいる。

おれは、賃貸であるが戸建に住んでいる。
ずーっと、ワンルームに住んでいたから、確かに戸建にあこがれはあった。
しかし、今の家に決めたのは、戸建のあこがれではない。

たまたま、立地がよくて、広くて、安かったのが戸建だったのだ。
安いのは、もちろん理由があって、築年数が40年超とかなり古い。


では、マンションと戸建のどちらがいいのかは、どっちもどっちであろう。
その人が何を求めるかによって、ちがってくるものだ。

ただ、購入する時に重要なのは数十年後にどうなるかだと思う。
マンションの躯体は(しっかりと管理した場合は)70年以上はもつといわれている。しかし、給配水管の寿命は35年程度なのだ。
だから、マンションの寿命は設備の寿命ともいわれ、実際には70年も経たずに建替えなくてはならない。
また建替えるにも、共有という性質上ハードルが高い。

一方、戸建の場合だが、一人で建替えらるというメリットはある。
しかし、強制的に管理・修繕費が積立てられるわけではないので、必要なときに資金があるかどうかが重要だ。
しかも、戸建の場合、施工の精度もマンションに比べて劣る場合が多い。

住宅の購入には、これらのことが重要だと思う。


住宅すごろく

住宅すごろくという言葉がある。

小さな賃貸住宅から始まり、
マンション購入→庭付き一戸建て購入であがり
というものだ。

団塊ジュニア世代のおれは、親の住宅すごろくのため、
何回か引越しを経験した。

おれは物心ついてから、一人暮らしをはじめるまで、
まさに上記のように、住宅を転々とした。

おれが不動産屋になったのも、住宅すごろくの影響が大きい。

おれは、地方の政令指定都市の中心部で生まれ、
マイーホームのため、首都圏郊外に引っ越した。
その後、一戸建てを求めされに郊外で暮らすことになった。
住宅のグレードが上がるにつれ、場所はどんどん不便になっていく。
引越しのたびにいやな思いをさせられた。

我が家が一戸建てを取得した時代は、いわゆるバブルの真っ只中だった。
住宅価格には、世帯年収が密接にリンクする。当然、都心に近ければ近いほど、住宅価格は高騰する。
年収によって、住める場所が限定されると痛切に感じた。

おれは、今、都心の高級住宅街とよばれる場所に住んでいる。しかも、小さいながら庭付き一戸建てだ。
別に勝ち組だと思っているわけではない。
実際、賃料は破格に安く築年数は古い。
はっきりいって、不便なことが多い家である。
建物の質よりも場所にこだわって選んだ住居である。
多分、思春期に芽生えたコンプレックスがこの家を選ばせたのだろう。






 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。